投資としての

1980年代のバブル期に、『財テク』という言葉が流行しました。『財テク』とは、自身の財産を以下にして効率的に増やしていくかというものです。その種類は様々です。たとえば、マンションへの投資や、株式への投資、または先物への投資などです。

バブル崩壊後、『財テク』ブームは終焉を迎えましたが、近年、新たな投資がブームとなっています。それが外国為替市場を利用した、『外国為替証拠金取引』です。この『外国為替証拠金取引』は、一般的にはFXと呼ばれています。

それではなぜ、いまこのFXがブームとなっているのでしょうか。主な理由は2つあります。一つは企業の経済活動の範囲が広がり、国際市場において外国為替を用いた決済が盛んになっていることが挙げられます。次に、インターネットの普及です。インターネットの普及により、いつでもどこでも誰でも投資ができるようになりました。また、数万円から始めることができることも大変な魅力となっています。これは、手軽にできるという点で、学生や主婦の間で特に人気となっています。なお、主婦の中にはFXを利用することで一ヶ月に夫の年収以上の収益を得る人も現れ、たいへん大きな話題になりました。
そこで以下では、FXについて見ていきたいと思います。






What's New

2013/02/05
最新記事2を更新。
2012/11/08
最新記事を更新。
2012/10/20
よく考えてを更新。
2012/10/20
なぜを更新。
2012/10/20
どうやってを更新。
2012/10/20
良い点も悪い点もを更新。
2012/10/20
投資としての外国為替を更新。
2012/10/20
ホームページリニューアル

おすすめ記事

夢の生活

私の夢は外国為替だけで生計を立てる事です、今は始めたばかりで小遣い稼ぎ程度ですがいつかはこれ1本で暮らして行きたいと思ってます。その為の努力は惜しみません。

金利

外貨を持っておくことの利点の一つといえば、日本では極端に少ない金利が、外国では多少多くなっているところだと言えるでしょう。お金を増やしたければ、ご一考を。